藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』(18)の全60話に1話ずつ感想を書いていきます の巻

(この記事はFC2ブログにて当時書いたものをそのままコピペ移転したものです)

今回も一気に全話アップだけど、『幼稚園』『めばえ』編の感想はこんなもんですよ。
残り2巻!
では"続きを開く"からヨロシコ。

他巻の感想
第1巻 第2巻 第3巻 第4巻 第5巻 第6巻 第7巻 第8巻 第9巻 第10巻
第11巻 第12巻 第13巻 第14巻 第15巻 第16巻 第17巻 第19巻 第20巻

 

第1話「ドラえもんがやってきた」
唐突に現れて何の説明もなくドラえもんをプレゼントするセワシ
最後の2コマにドラえもんのポケットないなあと思ったけど、そうか、凧につけたのか。
ジャイアンの足らなさそうな感じが良いです。

第2話「ロボットえんぴつ」
ドラえもんの尻尾が青いね。

第3話「ケーキを育てよう」
この話を読んでいったい何人の子どもがケーキを埋めたのか・・・
それはそうと初期の幼児向けドラの絵柄って初期ドラとも違って、ちょっと独特だよね。
ドラえもんの正座シーンあります。

第4話「ふしぎな道具で魚つり」
野比家の庭に池があったのか。
まあ釣りと漁は違うよね。

第5話「なんでもたまごに・・・」
パーティーグッズかな?

第6話「歯みがきで強くなろう」
奇面フラッシュかな?
しずちゃんのパンチラあります。

第7話「ロボット足」
さっそく怠け癖が出始めたのび太
のび太「おうい、ドラちゃん。」
どこの業界人だよ。

第8話「絵の中で海水浴」
わりと積極的に泳ぐのび太くん。

第9話「ゆうびんロボット」
のび助の顔も結構変わってるなあ。
しずちゃんのママもでるよ。

第10話「せん用電車で行こう」
専用線路の材料が気になる。どう見てもクリームやん。

第11話「ジャンプゆみ」
ガラス突き破るって結構危ないよな。
このタイプのお風呂って今でも使ってるところあるんかね。
のび助の全裸あります。

第12話「ロボットを作ろう」
ロボットがロボットを造って、そのロボットが自身を造った人間(とロボット)に危害を加えるも結局地球には敵わないというSF的作品です。

第13話「ふしぎなお絵かき」
結構のび太の絵が上手い。

第14話「雲スキーと雲ぐつ」
ヘリコプターに突っ込むって結構怖い。

第15話「じゃんけん箱」
じゃんけんに 強い弱いが あるのかね?

第16話「遊園地になる木」
こういうの今でも憧れる。
カタカナに平仮名の読み仮名ふってあります。

第17話「はりええほんドラえもん
なんかドラえもんの目の焦点あってなくね?
ミニドラのようなものが出ます。
日テレ版ドラえもんの予告が書いてあります。

第18話「早く大きくなあれ」
無精卵じゃないの?

第19話「写したものを出すカメラ」
段々とキャラクター造形が整ってきたね。

第20話「変身セットでヒーローに」
たぶんこのジャイアンのかあちゃんが一番おしゃれなジャイアンのかあちゃんだと思う。
ジャイアンのとうちゃんも出るよ。

第21話「雲を作れる機械」
熱いアイスという誰得食い物。

第22話「ドラミおおはりきり」
唐突にドラミちゃん登場。唐突に登場しても有能なドラミちゃん。
ドラえもんの正座シーンあります。ジャングル黒べえも出るよ(テレビの中に)

第23話「へんなすいぞくかん」
ドラえもん完全にドラミちゃんの弟やん。

第24話「らくがきを消すガス」
らくがきに追いかけられるって地味に怖いな。
何されるんだろうな。

第25話「ひとりで遊べる道具」
4コマでもちゃんとジャイアンしてます。

第26話「しょうぼうしゃ」
4コマ漫画です。
この巻、のび助よく出るなー。幼児向けだから家中心になるからか?

第27話「ドラえもんあげる」
ここから『よいこ』編。
また唐突に現れて何の説明もなくドラえもんをプレゼントするセワシ
当り前ですが『幼稚園』も『めばえ』も道筋理論はありません。
なんか『幼稚園』に比べてドラえもん脳筋くさい。

第28話「ひっぱると消えるしっぽ」
なつかしの初期設定。
工作に勤しみ、そしてまともに完成させるのび太が新鮮だ。

第29話「ペタンコになって遊ぼう」
3ヶ月目にしてようやく未来の道具が登場。

第30話「すいこむ糸電話」
それってもう電話じゃないんじゃ。

第31話「テレビからお客さま」
これ『ひみつのアッコちゃん』だよね。

第32話「パトロールカー」
「しょうぼうしゃ」といい「パトロールカー」といい、自分の「はたらくくるま」を持ちたい年頃なのかしら。

第33話「ふしぎなかがみ」
魚とりならいいのか。
クジラの目が卑猥だわ。

第34話「空とぶ動物園」
これドラえもんの道具なの?

第35話「花火のたね」
ドラえもんに眉毛がある!!

第36話「風のロケット」
この話でも眉毛がある!!??

第37話「なんでも大きくなるライト」
幼児向けシリーズのドラえもんって結構ステップ軽いよな。

第38話「マジックチャック」
チャックって内側から開くっけ?

第39話「もちつきロボット」
ラストのコマいいなー。賑やかで温かみがあって冬にピッタリだ。
ドラえもんの正座シーンあります。

第40話「なんでもロープ」
その電車、どこに座ってんの?
ドラえもんの眉毛あります。

第41話「いま、なん時?」
そうね だいたいね。

第42話「空気クレヨンで大さわぎ」
絵が飛び出すってのが好きだな

第43話「なんでもツリー」
ジャイアン「きゃっ」
かわいい。いや、かわいくない。

第44話「着たまませんたくできるスプレー」
不良品かよ。

第45話「ロボットのおに」
あんまり鬼っぽくないね。

第46話「手ぶくろですな遊び」
砂、増えてね?

第47話「花さか灰そうどう」
こっそりとジャイアンに嫌がらせするスネ夫

第48話「鳥とり機」
鳥取

第49話「パトカー」
はたらくくるまシリーズ。
ちょっと前にパトロールカーあったやん・・・

第50話「風船で海水浴」
だいたい代替案の方が楽しそうなんだよなあ。

第51話「うでクーラー」
玉子じゃない!!

第52話「雨そうじ機」
スネ夫のママってメガネしてたりしてなかったりするけど、老眼なのかね?

第53話「ネコみたいになるえさ」
おいしそう。

第54話「もしもボックスで昼ふかし!?」
ここから『てれびくん』編
のび太「夜を明るくして昼を暗く。その昼を夜とよんで夜のことを昼とよぼう。」
神話の一節のようでもあり、ジャイアン50円玉詐欺のようでもある。
『てれびくん』編って、なんか変な話ばっかりだ!

第55話「無人島へ家出」
のび太+10歳説の証拠。
無人島が本当に住み心地良さそうで、幼い時は結構憧れました。
のび太「ぼくがおとなになったら、このまんがおしまいじゃないか!!」
もいいけどさあ
のび太「こうして年をとって、じいさんになって・・・、ひとりさびしく死ぬのじゃ。オウ・・・オウ・・・。」
最近は次のコマのこっちの方がくるものあるね。
だからと言って特に何もしてないけど。
しかしのび助と玉子はよく10年もドラえもんを居候させたなあ。

第56話「悪の道へすすめ!」
のび太「ぼくはいいことも悪いこともできないんだなあ。」
この台詞は刺さる。
しずちゃんのパンチラあります。

第57話「宝さがしごっこセット」
その昔『ドラえもん日本のなぞとふしぎ』っていう、F先生描いてないだろうなあ的な子供向け学術本があったんですけど、なんかそれ思い出した。
その本で活火山・休火山・死火山(これ今言わないらしいね)とか埋蔵金とか即身仏になる方法とかを「ドラえもん的」なイラストとともに学びましたわ。
今思い返せば、小学校低学年の脳みそに即身仏の製造法はどう考えてもいらんよな。
どらえもんふしぎシリーズは他にもあったのに、何を思って親はピンポイントでこれを僕に与えたのだろうか。

第58話「あやとり世界」
ドラえもん「手がゴムマリだから できないんだよっ」
フラストレーションを溜めに溜めて最後に大爆発させるドラえもん、からのページを捲って最後のコマへの落差。
芸術ですわ。

第59話「分解ドライバー」
ドラえもん史上最も“ヤバい”と言われているお話。
『てれびくん』編の55~58話はコマ組みが1頁4段構造なのに、この59、60話と54話は3段構成なんですよ。
それで間が大きくなって、幼児向けのような牧歌的な雰囲気さえも感じさせるところもあるんです。
のんびりしたコマ構成に対して、お話の内容が“ヤバい”ので、全体の印象がなんか異様なんですよ。
まあ、これと次の「ターザンパンツで大活躍!?」がヤバいなんて今更僕なんかが言うことでもないけどね。

第60話「ターザンパンツで大活躍!?」
もうどこからつっこんでいいのか・・・
でもよく考えたら「分解ドライバー」とはベクトルが違ったヤバさだと思う。
「分解ドライバー」はインナートリップ的なヤバさだけど、こちらはPTA的というか、要は現代においては自主的に規制している表現方法を使っていることからくるヤバさが大きい。
具体的に言えば、しずちゃんがあられもない姿になって食べられそうになったり、食べようとする側が所謂未開の土地の人で、その人たちが所謂「漫画的表現」によって描かれているということです。
全然関係ないけどのび太も全裸になります。あとドラえもんの野性が目覚めます。
しずちゃん「うれしい!パンツだわ。」
女の子だね。

おまけ
中央公論刊 藤子不二雄ランドドラえもん」第22巻 総扉用イラスト
しずちゃんの入浴シーンあります。
のび太、お前わざとだろ!