読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』(6)の全72話に1話ずつ感想を書いていきます の巻

ドラえもん

(この記事はFC2ブログにて当時書いたものをそのままコピペ移転したものです)

あはは、忘れてた。
じゃあ、今回もおヒマな方は"続きを開く"からヨロシコ。

※全話終了~ (4/10)

他巻の感想
第1巻 第2巻 第3巻 第4巻 第5巻 第7巻 第8巻 第9巻 第10巻
第11巻 第12巻 第13巻 第14巻 第15巻 第16巻 第17巻 第18巻 第19巻 第20巻

 

第1話「雲ねんど」
どうせまた2ページシリーズからでしょ?と思ったら7ページありました。
スネ夫が「のび太くん」って呼んでるぜ。

第2話「ひらりマント」
大長編御用達秘密道具きましたわぁ。
ジャイアンの正拳突きをかわすのび太の背中にシビれる憧れるぅ。

第3話「ゆめまくらでドッキリ」
類似品「うつつまくら」にご注意ください。ってあっちは実在しないんだっけか。

第4話「本物クレヨン」
非実在一家殺人事件!

第5話「キャンプ」
なんという捻りのないタイトル・・・
安雄くん(のような者)もでるよ。

第6話「月の光と虫の声」
73年で既にデパートで虫を買ってたんだねー。

第7話「ココロをのぞいちゃえ」
一番最初で一番大きく描かれたドラえもんにポケットが無いっていう。

第8話「ふしぎなめがね」
扉絵のメガネかけたドラえもんがすごく変態くさい。
角形メガネでキテレツぽっくなったけど、やっぱりなんかアホっぽい。

第9話「地下鉄をつくっちゃえ」
のび太のパパが「のび三」になっている有名な回です。
それ以外は、カッペなんで満員電車とか知らんし解らん。

第10話「おとしだまぼきん」
僕もおとしだまをあげる側になってしまったなー。

第11話「通りぬけフープ」
雑誌掲載時のタイトルは「ぬけあなフープ」なんだけど、なんで替えたの?

第12話「ピーヒョロロープ」
今の『小学一年生』でも片仮名には平仮名で読み仮名を打ってあるんだろうか。
ん?てか『小学一年生』ってまだあったっけ?
お話のほうですけど、多分別売りの楽譜には亀甲しばりがあると思う。
あったからといってなんだというわけではないが。

第13話「コチョコチョ手袋」
スネ夫「笑いすぎてもらしちゃった。」
他人の家で漏らすなんてトラウマ級だと思う。

第14話「通せんぼう」
率直な感想として振り回して何が面白いの?

第15話「らくがきじゅう」
読み返すたびにスネ夫のナルシズムへのウンザリ度が高まっていくのを感じますわ。

第16話「折り紙ラジコン」
のび太が調子こいて失敗するシリーズ。
のび太「ぼくにやらせてよ、こんなのかんたんだよ。」
死亡フラグですね。

第17話「ドンブラクリーム」
地に足が着かないシリーズ。
感想はまとめて書く。
ただ、廊下で泳ぐ玉子の表情に静かな狂気が。

第18話「台風のフー子」
この話の感想はやっぱり映画と絡めなくちゃダメかしら?
観て無いんだが。

第19話「正義のパトカー」
あくまでサイレンの音は「プペー」。
それが貴様の言う正義かプペー!!!!

第20話「夢中機を探せ」
結局ドラえもんってジャンケンできないのね。

第21話「マッチ売りのドラえもん
のび太「あたたかいものをどんどん考えよう」
って大火事じゃネーか!!

第22話「風の子バンド」
オチが強引過ぎると思うのだが。あと若干A臭がしますな。

第23話「手足につけるミニ頭」
放尿プレイですね。わかります。
チューブ入り「のうみそ」がちょっと怖い

第24話「うちでの小づち」
ドラえもんの登場キャラって結構自惚れ屋さんが多いよね。

第25話「クエーヌパン」
このパンの見た目がホントに美味そうなんだな。おっぱいみたいで。
ジャイアンのパパも出るよ。

第26話「ないしょペン」
リア充のび太ざまあwwwwって言われかねない気もする。
僕は言いませんけどね。
しかしなぜドラえもんも読めるの?

第27話「めんくいカメラ」
骨川スネ夫のくだらない自尊心にまた一つ傷がついた件。
ドラえもんのセンスは22世紀やで!!

第28話「わらってくらそう」
のび太「なんかおもしろい話ないかな。世の中が楽しくなるような話。」
そんなのび太のムチャぶりを一言で華麗にスルーするドラえもん
さすが、よく訓練されたドラえもんは違うぜ。

第29話「電話のおばけ」
ジャイアンスネ夫の声と解っていながらビビるあたりが野比のび太
しずちゃんにべたべた触りすぎだ!

第30話「ごきげんメーター」
玉子のおっぱい結構でかい。
子犬からニャロメ臭が。

第31話「アソボウ」
トキワ荘時代にでかいステレオ買った話をどこかで読んだことあるけど、その経験に基づく話だと思う。
あれ?買ったの赤塚先生だっけ?

第32話「動物型にげだしじょう」
安雄(のような人)「かみつかれるぞ。」
むしろジャイアンが動物じゃねーかっていう。

第33話「ようろうおつまみ」
玉子は笑い上戸。
今って子どもがお酒買えないんだよね。

第34話「バランス注射」
自転車当たる→のび助「せっかく当たったんだから練習しなさい」→転んで傷だらけ
このルートじゃね?

第35話「XYZ線カメラ」
アウトーーーーーーーー!!
この道具のネーミング結構好きだ。

第36話「わすれ鳥」
のび助のことを笑えなくなってきた僕がいる。

第37話「あらかじめアンテナ」
のび太とのび助が親子である事の証明その2くらい
野次馬根性とふくれ方が一緒。

第38話「ミサイルが追ってくる」
のび太の鼻が美味そうだ!!

第39話「悪魔のパスポート
のび太ってこの頃から他人の痛みが解る人間で、そんでたま~に反省する人間なんだよね。
ま、それはともかく玉子の三角目が怖すぎる。
つか、こんな道具よく発売できたなー。
「先生、ぼくこんどのテストからカンニングやります。」「おお、しっかりやれ。」
「いやあん、どうぞ。」など見所多数。
有名Flash『DoRaeMoooN!!』のお目目クルクルドラの出典でもあります。

第40話「ドンブラ粉」
地に足が着かないシリーズ
なにこれ、怖い。生き埋めやん。
ジャイアン「エラーなんかしたやつは、殺してやるから。」
この世に楽園はないのか。

第41話「ゆうれいの干物」
「眠いしこわいしめんどうくさい。ドラえもん行ってきてよ。」(のび太
実生活でこのセリフを改変してよく使います。すんません。
小学生時代はオチがよく解らなかった。

第42話「風神さわぎ」
アウトーーーーーーーー!!その2
のび太のポジション取りが神。

第43話「チクタクボンワッペン」
一緒に爆発してあげるドラえもん

第44話「宇宙人の家?」
またすぐ無茶な賭けをする~。
あいかわらずネズミ一匹に軍事兵器並の装備を使うドラえもん

第45話「盗塁王をめざせ」
のび太って絶対隠し球に引っ掛かりそう。

第46話「タマシイム・マシン」
密かに玉子が「わたしに似たのね。」
う~ん、姑が優しいからなぁ。

第47話「もどりライト」
ピアノは上手だが本人としては好きではなくて、バイオリンはジャイアンの歌以上に破壊的だが大好き、というしずちゃんの設定はまだ無い模様。

第48話「ロケットそうじゅうくんれん機」
「機」だけ漢字シリーズ。
ちょっと21エモンっぽい。

第49話「オールマイティーパス
きっと「悪魔のパスポート」が規制されて、この期限付きの道具が出来たんだと思う。
どっちにしろ入手経路がよくわからん。デパートで売るようなものかね?引き出物とか?
しかし星野スミレって劣化しないね。

第50話「地球脱出計画」
ま、少なくとも22世紀までは安心なわけで。
つかあと90年で22世紀ですよ。早いね。

第51話「実感帽」
冒頭ののび太をいじらしいと捉えるかどうかは人によるような・・・
ちょっと”普通の”SFっぽい話。

第52話「タッチ手ぶくろ」
ジャイアン、謎のツェッペリンTシャツ。
実際はアシスタントさんが書いたらしいですけどね。

第53話「ゆめのチャンネル」
スネ夫(イケメンVer)で有名な回。
スネ夫(イケメンVer)登場時は皆が地面に膝をついてるので、スネ夫より背が低くなっているというパーフェクトぶり。
他キャラの夢の都合の良さも笑えるぞ。

第54話「実物射的で狙い撃ち」
この頃(77年)ってまだのび太は射撃が天才的って設定なかったっけ?
あと全体的にのび太がバカ度が高い。

第55話「ジークフリート
秘密道具で一番カッコイイ名前候補No.1
冒頭のドラ&のびの悪そうな顔も印象的。
スネ夫はトウモロコシが嫌いらしい。

第56話「腹ぺこのつらさを知ってるかい」
うわ~現代っ子野比のび太
まぁでも昆虫って山間部では普通にタンパク源だったらしいが。

第57話「カッカホカホカ」
最後の最後にゲストキャラの名前が出てくるんだけど、そのまんま過ぎて笑ってしまった。
いい話なんだけどね。

第58話「無事故でけがをした話」
ジャイアンパパとしずちゃんパパの夢の共演!!
一瞬だけ凛々しいのび太と、その顛末。

第59話「猛獣ならし手ぶくろ」
前々からちょっと変わった子だとは思っていたが、遂に・・・な冒頭と、のび太にスカートに顔面突っ込まれる為だけに登場するしずちゃんを憐れむ会。
だけど「外へ出るぐらいなら死んだ方がましだ!」にはちょっと同意するぜ、のび太くん。

第60話「筋肉コントローラー」
射撃の腕前あがった?

第61話「狂音波発振機」
ドラえもんで一番名前が長い秘密道具「狂音波発振式ネズミ・ゴキブリ・南京虫・家ダニ・白アリ退治機」登場。
ネズミが逃げる前に建屋が崩壊するだろこれ。
ラストの嬉しそうなジャイアンと背中をこちらに向けて表情が見えないのび太の対比が素晴しい。
「心の友よ」も出るよ。

第62話「週刊のび太
「週刊のび太創刊号」の表紙が超うざすぎる件。
まんが製造箱に自身の願望も見え隠れ?
ドラえもん「これでこの箱は手塚先生になったんだ。」

第63話「ガールフレンドカタログ」
のび太てめー!!(怒)(怒)(怒)(怒)(怒)
地味にジャイアンのセリフが笑える。
ジャイアン「ウフッ、まあよかろう。」「おれもそろそろ考えてみるかな」
佐倉魔美も出るよ(写真で)

第64話「あべこべ惑星」
「りこうになりたい」
これ以上言う事があるか?

第65話「海に入らず海底を散歩する方法」
のび太「こんな手紙ち~ともうらやましい!!」
この一言でどんな話か大体解るという。
しかしスネ夫は何時でものび太を気にして生きているんだなぁ。不憫だ。
超人「スネ夫のいとこ」も出るよ。

第66話「大氷山の小さな家」
別荘建築シリーズ。
どんだけ家財道具持って行くんだよ。
でも造った別荘が崩壊しないのって結構珍しくない?
しずちゃんのパンチラ&ドラえもんの体育座りもあるよ。

第67話「雪山のロマンス」
平らな山を求めるあたりは高畑和夫氏と一緒なのよね。
頭のスペックは全然段違いけど。
ちなみに婚約日は1992年10月25日です。

第68話「モアよドードーよ、永遠に」
この頃からエコ系ドラえもんが形成されはじめたのかな?
歴史かえまくりんぐだけど、気にしない気にしない。

第69話「のび太の秘密トンネル」
アウトーーーーーーーーーーーーーーーー!!!その2

第70話「へやいっぱいの大ドラやき」
これはバイバイン並に恐ろしい話だと思うんだが。
ありったけのこづかいでドラ焼きを買っちゃうのがいじらしい。
「ドラや菌!!」の時のドラえもんの表情がナイス過ぎる。

第71話「クイズは地球をめぐる」
いやー小学生には難しいだろコレ。
まぁ「アルファがベータをカッパらったらイプシロンした。なぜだろう」に答えられる22世紀の小学生には簡単なのかもしれんけど。

第72話「身がわりバー」
しずちゃん、自分の評判を気にするシリーズ。
のび太としずかはもうお互いの身体を知ってしまってるんだな~。
今回は感動話で〆なかったね。
広告を非表示にする