藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』(5)の全72話に1話ずつ感想を書いていきます の巻

(この記事はFC2ブログにて当時書いたものをそのままコピペ移転したものです)

んじゃ今回もおヒマな方は"続きを開く"からヨロシコ。

※72話+α終了!(2/10)

他巻の感想
第1巻 第2巻 第3巻 第4巻 第6巻 第7巻 第8巻 第9巻 第10巻
第11巻 第12巻 第13巻 第14巻 第15巻 第16巻 第17巻 第18巻 第19巻 第20巻

 

第1話「花さくはい」
「花はくさい」と間違えた人、挙手ノ

第2話「むしめがねでへんしん」
変身する虫の基準が不明。まぁ合ってるけどね。

第3話「うちでの小づちでせいくらべ」
どなたか「のび太がのびーた」っていう「小学館から発行されてるけどF先生が描いてない系」ドラえもんでの
ネタを覚えてる方いないでしょうか。そのコマだけは覚えてるんだけど、なんの本だったか忘れた。

第4話「もぐら手ぶくろ」
ぶっちゃけこの辺は感想に困ります。

第5話「ゆきぐも」
「ちょっとかりるね」がなんか可愛いぞジャイアン

第6話「本物ライト」
壊されるために生まれた命なのかー!?

第7話「落ちないつな」
何気にのび太が最後のコマしかしゃべってない。

第8話「ボールに乗って」
ここまでずっと2ページシリーズ。
てんコミだとページの少なさ・ストーリーの唐突さに違和感あるけどこの流れだと違和感ないね。

第9話「魚と遊ぼう」
2ページシリーズまだまだ続く。
この辺は低学年向けかなー。

第10話「動物ドロップ」
「動物ビスケット」という道具がありまして・・・・
ところで剛田”産む機械”武の卵からは何が生まれるんでしょう?
Children can't choose their parents.

第11話「とうめいペンキ」
ドラえもん!頼むからその目を止めてくれ!!(1コマ目)

第12話「ウルトラリング」
これだけやって死人が出ない!さすがギャグ漫画!!
地面に埋まっていくドラえもんがなんか、可愛い

第13話「ネジまいてハッスル」
正式タイトル「すごい スピードで うごく ように なる ふしぎな ネジ の まき」
冒頭2ページにわたってたっぷりとのび太のノロマっぷりが描かれています。
「どうしてこうのろまなんだろう。ウワア」
小学2年生かー。そろそろ学内ヒエラルキーが確立されるころだなぁ。

第14話「小人ロボット」
そんなのび太だが眠るのは速い。

第15話「とりよせバッグ」
玉子の「メガネ、メガネ」第2弾。
しかし、のび太の頭の悪さは異常だ。

第16話「さいみんふりこ」
系統としては電波系の話に属するだろうけど、そんな中にあっていつも通り力技のジャイアン
ちょっと羨ましい。

第17話「みがわりペンダント」
オチがわかりにくい。せっかくだからカラー作品はカラーで収録すべきだったんじゃない?とか無茶を言ってみる。

第18話「びっくりばこ」
「まぁ、こんなところでお昼寝して。」
しずちゃんは天然なんだろうか?

第19話「さいなんくんれん機」
全部漢字で書くと「災難訓練機」。「機」だけ漢字なところがドラえもんという漫画のミソなんですね。
話の内容ですが大人しく正座で待機する「お客さま」のシュールさが一部で人気。

第20話「スーパーパワーゲン」
ジャイアニズム発動!
そしてドラえもんはまたも地面にめり込むのであった。

第21話「しずちゃんのはごろも」
ネタにマジレスのかっこいいドラえもん
しかし73年時にはこういう「日本昔ばなし」な田舎がまだ存在したんだろうなぁと思ったりする。
なんかNHKアーカイブスで「新日本紀行」を観てるような気分。

第22話「しんじゅせいぞうロボット」

ドラえもん 完


第23話「ヒラリくつ下」
のび「きのう道を歩いていたときにね。ちょっとぼんやりしてたので・・・」
ドラ「昨日だけじゃないだろ。きみはいつだってぼんやりしてるんだ。」
本題に入る前にこれじゃ話す気なくなるわなー。

第24話「人間磁石」
のび「両手で磁石を持ったら、くっついちゃった。」
え?そこにくっつくの?

第25話「山びこ山」
地味にこの道具活躍するよなー。

第26話「こいのぼり」
で、このこいのぼりは来年まで何処に閉まっておくのか?という疑問にたどりつくわけだが、きっと海に下って、来年またタバコ屋のてっちゃんちに戻ってくるんだろうな。鮭みたいに。

第27話「こいこいマークでお中元」
最後のページの絵柄が後期ドラっぽい気がする。
でもなんかその他の絵も垢抜けてきたんじゃない?

第28話「うちのプールは太平洋」
しず「おふろじゃない。」
のび「いっしょに入ろう。」
「何を?」→「赤ちゃん」に次ぐ大胆発言。
ドラえもんの「どう?「シネマラン」のききめは」のコマの表情がスキです。

第29話「ゾクゾク線香」
のび助がのび太父親であるという証明。

第30話「エースキャップ」
ふすまにボール投げたら怒られた過去があります。
自分で自分を投げるシュールさ素敵。

第31話「引っ越しひも」
3回読んでオチがわかりました。

第32話「カキどろぼう」
他の話からも伺えるけど、どうものび太は将来、高校~大学の間に一回ピザるね。
しずちゃんにプロポーズされる(?)頃には元に戻ってるけど。
柿の木から落ちる時のドラえもんの表情がいい。

第33話「オトコンナを飲めば?」
のび太は図形問題が強そうというか、三次元的に考えるのが得意かもしれんね。
あやとりしたことないけど。

第34話「テスト・ロボット」
たけしざまぁwwwwww

第35話「グラフはうそつかない」
なんという残酷な機械。でもまぁみんな数字しか見ないから仕方ない。
どうでもいいがスネ夫の「おそるべきうぬぼれ。」はAA化されてもいいと思う。

第36話「夜を売ります」
さすが、のび太。やっぱり只のバカじゃない。

第37話「ハリ千本ノマス」
冒頭2ページののび太の顔ヒドイこと。
それにしてもドラえもんイイ奴。そんなイイ奴に火をつけても平然としているのび太しずちゃんはぐうの音も出ないほど鬼畜すな。

第38話「ゆっくり反射ぞうきん」
ドラ「よしなさい!そんなのぞき見みたいなことは、しゅみがよくない。」
のび「ふうっ、くたびれた。」
ドラ「かわろう。」
つか、のび太より一生懸命じゃネーか。

第39話「ジ~ンと感動する話」
先生の名言
「目が前むきについてるのは、なぜだと思う?前へ前へと進むためだ!」
の回ですよ。
のび「あのね、目が前についてるのは前に進むためなんだよ」

第40話「デンデンハウスは気楽だな」
いまだにしずちゃんからは「あんた」呼ばわりなのね、のび太さん。
「それ、爆弾でもこわれないよ。」のドラえもんはとても居候とは思えない顔だ。

第41話「無人島の作り方」
のび助って両切りピースなのね。

第42話「ぼく、桃太郎のなんなのさ」
しらねーよ!
バケルくんとのコラボ・桃太郎・鬼=漂着外国人説・夏休みの自由研究といった要素が
キュッと詰まってます。

第43話「のび太放送協会」
いつになく積極的なドラえもん
ぜんえーげーじつはCSの深夜に垂れ流すくらいが丁度いいと思います。
あ、「スネ夫の真正面」も見れるぞ。

第44話「おそだアメ」
元ネタを知るのは中学生になってからだった気が。

第45話「見えなくなる目ぐすり」
きっとアガリ症の人のための目薬なんだろうな。
タイムマシンに年末もクソもないだろってのは禁句な。

第46話「もしもボックス
最強の道具登場。
凧揚げってもう15年以上してないなー。つか、してる人も10年くらい見てない。

第47話「百年後のフロク」
ジャイ「うらやまし・・・・・・、いや!いやらしいやつめ。おれにもやらせ・・・いや、やめさせよう。」
傑作クイズ「アルファがベータをカッパらったらイプシロンした。なぜだろう。」もいいけど、その前のポイもいいぞ!
すごろくで地味にいきなり1を出すのび太がらしいというかなんというか。

第48話「三月の雪」
笑顔の「うるさい、自分でかってにやりな」がカッコよすぎる件。

第49話「からだの部品とりかえっこ」
またバラバラ殺人か!!
「おお、この感激!」
ドラえもんって自分の欲望にはわりと忠実だよな。

第50話「おすそわけガム」
これでメロンはシャクシャク食うものだって知りました。
メロン嫌いだけど。

第51話「騒音公害をカンヅメにしちゃえ」
今日も一日ご安全に!
実際、音を吸い取った缶はどうやって処分してるのか。

第52話「よかん虫」
のび太の負のパワーはのび助由来のものなんじゃないだろうか。
それにしてもどんどん絵が洗練されていってる。

第53話「トロリン」
パンツである。大事なことなのでもう一度言う、パンツである。
F先生にメガネ属性が無かったのは残念な限り。

第54話「あいあいパラソル」
のび「魅力でぼくが勝負できると思う?」
ドラ「・・・・・・・・・・・・。思わない。」
「あとでね。」のコマのしずちゃんが一番可愛いと思いまーす。

第55話「呼びつけブザー」
ひどい道具だが、火曜か水曜か訊く為だけに呼びつける玉子も充分ヒドイ。

第56話「マジックハンド」
もう「まずジャイアンにヒドイことされる」を省略しても解るレベルまで浸透したんだなー。
びしょびしょの玉子がシュール。
「マジックおしり」というネーミングがイカス。

第57話「オーバーオーバー」
サソリとゴキブリ、どっちがイヤですか?
のび「あ~~あ、いっぺんでいいからハラハラドキドキするような大冒険をしてみたい」
心配しなくとも2010年までに30回ほどやる予定。

第58話「お金のいらない世界」
最後、『気楽に殺ろうよ』なら殺してるね。

第59話「七時に何かがおこる」
そしてのび太もノビスケに0点の答案を見られるという。なんだ?この親子。
『みちびき』って「ギガゾンビの逆襲」だとレベルアップまでの経験値を教えてくれる道具だったよなー。何故?

第60話「ころばし屋」
結局、スネ夫はお咎めなしかよ。

第61話「階級ワッペン」
のび「さあ、だれも彼もみんなで町内を五十周!」
「昔の軍隊は、こんな風にむちゃな命令でむちゃな戦争をはじめたんだね。」
のび太の表情の晴れやかな事。

第62話「ナイヘヤドア」
ドラ「いくじなしであまったれで、気も頭もよわいきみが、よくそこまで決心した!」
ドラ「プリーズカムイン。」
のび太回と見せかけて、意外とドラえもん回か。
「えらい!!」のコマのドラえもんが好き。

第63話「ミニカー教習所」
まぁマニュアル車って身体で覚えるもんだよな。え?そんな人間には危なっかしくて乗ってもらいたくない?
乗らんと仕事に行けれませんですが、すんません。
実際、野比家の財政で車+毎月の駐車代・ガソリン代が賄えるとは思えない。

第64話「へやの中の大自然」
小学生なのかおっさんなのか判別がつかない奴が一人いるんだが。
部屋の中でキャンプファイアが何故かジワジワくる。

第65話「サハラ砂漠で勉強はできない」
中途半端な金持ちって悲しいね。

第66話「パパもあまえんぼ」
おばあちゃん登場回。
ドラ「おとなってかわいそうだね。」
のび「どうして?」
ドラ「自分より大きなものがいないもの。よりかかってあまえたり、しかってくれる人がいないんだもの。」
最後のコマもAAで随分ネタにされたなー。
しかしその玉掛けは危険だと思います。

第67話「オールシーズンバッジ」
楽しんでるから気付きにくいけど、やっぱりのび太はスキーでコケるんだな。

第68話「架空通話アダプター」
ドラ「オセロでもしようよ。負けてやるから」
本を返しに来たジャイアンの背中の影が恐ろしすぎる。
あと個人的に
星野スミレ=丸井マリ>>>>>>>川合可愛

第69話「ぼくを止めるのび太
のび太版「ドラえもんだらけ」か?
が、ドラえもんと違って事態を収集できず。バカは何人集まってもバカなのか・・・
のび「大げさだなあ。歴史とラーメンと、なんの関係がある?」
このセリフが地味に好き。

第70話「自家用衛星」
微妙に無敵砲台。雪が降ってるコマが大変良いです。

第71話「ドロン葉」
キョーボーとベソの和解もいいけど、最後の「今日はこんないい話があったんだ」って
親友同士(のび太ドラえもん)で語り合うコマが素晴しい。

第72話「あの日あの時あのダルマ」
のび「未来?どうせろくな未来じゃないさ。」
のび太の自身の無力さ故の老成って子ども向け漫画のレベルじゃないと思うんだが。
しかし転んでもすぐ起き上がるところが彼のいいところ。


おまけ漫画
藤子不二雄×藤原栄子 「ドラえもんの逆襲」「ああ!姫子の未来は・・・」

こ れ は ひ ど い !

いい意味でね。