読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』(4)の全72話に1話ずつ感想を書いていきます の巻

(この記事はFC2ブログにて当時書いたものをそのままコピペ移転したものです)

今回も一言ずつ書いていくので、おヒマな方は"続きを開く"からヨロシコ。

※全話書いたぞー!(12/30)

他巻の感想
第1巻 第2巻 第3巻 第5巻 第6巻 第7巻 第8巻 第9巻 第10巻
第11巻 第12巻 第13巻 第14巻 第15巻 第16巻 第17巻 第18巻 第19巻 第20巻

 

第1話「そくせきおとしあな」
「このなかへ、はいってごらん」というドラえもんもなかなかヒドイ。

第2話「まほうのじゃぐち」
"蛇口をひねればジュースが出る"って子どもの夢だよなー。

第3話「かげえごっこ」
冒頭の「その手じゃむりだい。」で一笑い。
考えた事が影になるライトで、まず「エロ」が浮かんだ僕の脳みそ。

第4話「変装服」
スネ夫の「絵が上手い」設定は何処へ?

第5話「ドラえもんのポケット」
ドラえもんのポケットにみんなが入って、はじき出されるっていうただそれだけの4ページ。

第6話「手じなふろしき」
で、ふろしきから出した二人目ののび太ドラえもんはどうすんの?っていう。

第7話「動物キャンディー」
人形でも変身するんだったらなんでもアリじゃねーか!(動けないけど)

第8話「そっくりクレヨン」
扉絵サイコー!!
しかし対象をそっくりにさせてしまうという発想はなかなか恐ろしいネ。

第9話「クリスマスツリーのタネ」
どういう落とし方だよソレっていう扉絵でございます。

第10話「ふくわらい石けん」
ドラえもん「にげなくてもいい。目や鼻は、ここにあるよ。」
そういう問題では・・・・。
最後の人間ちゃんぽんも相当MADだぜ!(特にジャイアンの無表情さが)

第11話「べんきょうねまき」
え?オチは??

第12話「ロケットガム」
オナラで飛ぶのは人類の夢なんですよ、きっと。

第13話「どこでも大砲」
のび&ドラ「のれてよかったね。」
まぁ飛ばされた本人(のび助)も両手を挙げて喜んでいるのでヨシとしよう。うん。

第14話「バッジを作ろう」
冒頭ののび太が泣ける。
小学館は是非ともスネ夫ザマカンバッジの商品化を企画すべき。

第15話「ウルトラミキサー」
人間+ロボットってどんな身体なんだろうね。

第16話「オバケせんこう」
ラストののびドラの表情がいい。
この話で一番怖いのは、ドラえもんの「いうこと聞かないとけすぞ。」

第17話「お返しハンド」
確かにのび太の悔しがり方は酷い。
3倍返しで顔がメリ込むってどんなだよっ!!

第18話「おしかけ電話」
別にままごとが趣味でもいいけど「ほほほ。」はいらんだろ

第19話「おせじ口べに」
地団駄踏むほどの悪口を言われても玉子に手をあげないのび助について。
ただしのび太には「絵に対しての率直な感想」を言っただけで殴る。

第20話「引きよせかがみ」
自分が食べたいなら自分でしろよ、ドラえもん

第21話「人形あそび」
この道具、現代の大きなお友達が欲しがるに違いない。
・・・いや、そうでもないか。

第22話「薬製造機」
なんて直球勝負なネーミング。
僕は羽子板より羽を選びますけどね。
まぁそんな羽では飛べないってイギリスだかの学者さんに言われそうですけどね。

第23話「まほうのひも」
結局道具を貸すドラえもんは、単に自分が面倒だっただけでは。

第24話「ヨンダラ首輪」
ラストのしずちゃんの表情がイカす!

第25話「念力目薬」
見るだけでそのものを動かす事ができる道具(念力目薬)を持っているが怠け者になることを理由に
のび太に貸さないドラえもん
しかし「あることはあるんだな」という理由で友人一同に「自分は念力が使える」と言いふらし、
「ぼくがなぐられてもいいの?やくそくしたんだぞーー。貸してくれ。」と迫るのび太
「かってになぐられろ。ぜったいにかさない!!」ってドラえもんが言うのも無理ないね。
まぁ結局貸すんだけど、なんというかドラえもんのび太が凝縮されているなと。
冒頭5コマは今の僕がやると多分足が攣るね。

第26話「四次元サイクリング」
なんで鉛筆削りが必要なの?ってのは小学生の頃から思ってました。

第27話「自信ヘルメット」
のび太は一回病院行った方がいい。

第28話「ぼく、マリちゃんだよ」
「テレビ。まんが。ひるね。」「しるかけごはん!」
ドラえもんがこっそり丸井マリちゃんの胸に顔を押し付けている件について。
いやぁ天使すなあ。

第29話「ぞうとおじさん」
ドラえもん版「かわいそうなゾウ」。あの夏の話。
のび朗おじさんも出るよ。

第30話「正直太郎」
父方の親戚の次は母方の親戚(玉子の弟)玉夫くん登場。
しかしなかなかのべっぴんさんを落とすね、玉夫くん。

第31話「タヌキさいふ」
結局のび太くんは竹ざおで叩かれただけでした。

第32話「オオカミ一家」
ドラえもん食われすぎだろ>扉絵
ニホンオオカミは22世紀にも生息しているらしいです。

第33話「日づけ変更カレンダー」
いい加減のび太を見捨てないドラえもんは本当に偉いと思う。
「あとのこと、ぼく知いらない、知いらない。」

第34話「走れ!ウマタケ」
「なんだ、こんなかんたんなことが、なぜいままでできなかったんだろ。」
成長するってこと。ジャイアンパパも出るよ。

第35話「はこ庭スキー場」
十数年後、立場が逆になって結婚に至ると思うとなかなか感慨深い。

第36話「さようなら、ドラえもん
二人で夜の街へ抜け出すシーンは漫画史上に残る美しさだと思う。

第37話「帰ってきたドラえもん
個人的な話なんですが、「さようなら、ドラえもん」が収録されているてんコミ6巻より先にこの話が収録されている7巻を読んだので、当時は全く意味が解りませんでした。

第38話「ウラメシズキン」
常に強者を呪い、そしてその呪いが自分へと返ってくる野比のび太という構造について。
「頭にかぶるんだよ。」

第39話「マジックボックス」
玉子の「メガネメガネ」とジャイアンのかあちゃんの綺麗な富士額が見れるお話です。
「それはのび太くんが悪い。ジャイアンくんはうそをつくような男じゃないぞ。取り消してあやまるべきだ」
スネ夫うぜー。

第40話「ゆめの町ノビタランド」
テレ朝版ドラえもんの第1話だっけ?
「土地だけはつくれないなあ。」と言いつつ僕が記憶しているだけで島を2個造っているのだが。

第41話「おもちゃの兵隊」
この話・・・怖い!
みんな消し炭じゃねーか!!
でも玉子がちょっとだけエロいぞ。

第42話「ふろしきタクシー」
いつもどおりダルなのび太と背に腹は替えられない(自分で借りに行く気が無い)ドラえもんとイイ奴・本山くん。
最後のコマがなんか好き。

第43話「台風発生機」
この漫画はドラえもんの尊い犠牲の上に成り立っています。

第44話「うつしぼくろ」
天使すなあ第2弾。
黒髪・おかっぱ・清楚の乙梨さん登場。
せめて準レギュラーぐらいにしてほしかった・・・
だがそれ以上にタコ化したジャイアンインパクトが凄まじい。ホントにすごい。

第45話「ジャイアンズをぶっとばせ」
野比のび太投手 防御率117.0
「女の子とあやとりでもしてろ」が「ひとりであやとりでもしてろ」になる過程が描かれています。

第46話「人間すごろく」
ちょこちょこ後年描き替えてるね。

第47話「名刀「電光丸」」
喪黒福造のドーンのポーズをしたジャイアンが「おれは気分をこわした。決闘を申しこむぞ!」
これってあのAAの元ネタ?

第48話「人間うつしはおそろしい」
なんか玉子の目が若干死んでるような気が。
しかしのび太ってのはカオスなんだな。

第49話「消しゴムでノッペラボー」
またまた人体改造系。
「ぼくは、ママにそっくりなんだね。」「運が悪かった。」
「もっともきみは、中身も悪いけど・・・・・・。」

第50話「ライター芝居」
「まっかな皿」「のび犬」で有名な話だけど
冒頭2コマののび太の4つのフキダシ全てに「のんびり」があるところも見ものだ。
「いっしょうけんめいのんびりしよう。」

第51話「ぐうたらの日」
この話を読んだ小学生時代以来、僕は6月が嫌いです。

第52話「変心うちわ」
「おれ、アリ。おまえ、キリギリス。」
なんとわかりやすい。

第53話「ろく音フラワー」
本当に風鈴持ってきたスネ夫は、バカなんじゃないかな?

第54話「人間ラジコン」
じゃれあってるドラえもんのび太に萌える人もいたりするんだろうか。

第55話「いたわりロボット」
いらないならそのロボットくれ!!
扉絵のドラえもんがいい。体育座りもできるんだなぁ。

第56話「たとえ胃の中、水の中」
やっぱり、しずちゃんはヒロインだ。

第57話「いないいないシャワー」
のび助、散髪した?
安雄とはる夫(らしき二人)も出るよ。

第58話「弟をつくろう」
しかし玉子ってスタイルいいよなー。
ラストの夫婦喧嘩をよそに黙々と飯を食う二人がまたヨシ。

第59話「仮病薬」
なんとなく子供のころの嫌な記憶がよみがえってくる話。
ああ迷惑だよ!行きたくないんだよ!

第60話「アクト・コーダー」
のび太の打率って.010だったよな・・・

第61話「化石大発見!!」
この話好きだなー。
初見だった小学生の頃は三葉虫は現代にもいると思ってました。ゴキブリみたいなもんだと。

第62話「にっくきあいつ」
刷毛は使わないんだな。
「毒薬!」って喜ぶのび太はよっぽどしずちゃんが好きなんだな。

第63話「Yロウ作戦」
大人になってから理解できる道具No.1
「良集書」とかゲーム当日のジャイアンの目とか見所いろいろ。

第64話「正義のみかたセルフ仮面」
「ね~~え、ドラえもん。正義のみかたを出してくれ。」
「アホか。」
「よし!今夜は寝ないで考えよう。グウ。」
パンパカパーン
のび太が何の役だったのか気になる。

第65話「合体のりでハイキング」
またまたまた人体改造系。
ラストのコマで大爆笑。
あなたと合体したい。うん。気持ち悪い。

第66話「天気決定表」
夏休みかー。

第67話「チューケンパー」
うぜぇ!!
ここまでボロボロにされたしずちゃんも貴重だね。

第68話「からだの皮をはぐ話」
ここまでしずちゃんジャイアンパワハラ&セクハラにさらされるのも珍しい。

第69話「夢まくらのおじいさん」
ツンデレおじいさん登場
野比家の男は成長とともに随分顔が変わるなぁ。

第70話「ポータブル国会」
  政治とは、あまりにも重大な事柄なので、
    政治家に任せておく事はできない。  (シャルル・ド・ゴール
のび太に任せた結果がこれだよ!

第71話「かがみでコマーシャル」
使い道が無いからって別に壊さなくてもいいと思うが。
表通りのきれいな商店街も今はもう閑散とした有様なんでしょうね。

第72話「りっぱなパパになるぞ」
第69話と併せて読みたい。
できることからやっていこうぜ。
広告を非表示にする