読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイナゴンデイズ

「大納言小豆あります」と書かれたポップを街で見かけた。

この「大納言」ってどんなものなのか気になったのでちょっと調べてみた(「ちょっと調べてみた」って大抵wikipediaを見た程度だ)ら、5.8mmのザルの目に引っ掛かる大粒種のアズキを指していて、普通の大きさは「中納言」にランク付けされるらしい。

大・中のみなのかと思ったが、更に調べてみると(要は「少納言 小豆」でgoogleで検索してみると)少納言もあった。明治初期で消滅した官職が、今では小豆の分類に使用されているのって定年退職した社員の再雇用みたいだ。

 

ところで大納言という言葉だけなら、大だし、納豆だしでどちらかと言えば大豆に近いと思う。

なので大豆にもこの納言制度を取り入れてほしい。

だってダイナゴンダイズって必殺技みたいでかっこいいじゃないか。剣を振ると、まばゆい光とともにエネルギー波が地面を裂いて敵に向かっていきそうだ。

広告を非表示にする