読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

方言ビックリマーク

わざと方言を使ってる場面が苦手だ。

もっと言えばTVでのイベント紹介等で現地の人がそれまで標準語で紹介していたのに、最後の最後で方言を使って〆たりするあんな場面が苦手だ(鳥取県東部ならばイベント紹介の最後に「きてごしないな~」(「来てください」の意)と視聴者に言うシーン)。

なんなんだろうこれ・・・と考えてみたのだけれど、これは文末に「!」を付けることと一緒なんだろう。強調だ。他地域の人たちに自地域を強調する為に使っているのだが、僕からすると「!!!!!!!」くらいの強調に感じてしまうのだ。

 

ドラマなんかの所謂インチキ方言は平気だったりするのは、脚本にも俳優にもそんな自意識がないからなのかもしれない。

 

関係ありそうで全然関係ない話だが、西洋ファンタジーな世界観のファイナルファンタジータクティクスというゲームが発売されて少し経った頃、雑誌にゲーム内の「人の夢と書いて儚い」という台詞が紹介されていて「お前らどこの国の人だよ!」とつっこんだのを思い出した。ファイナルファンタジータクティクスはプレイしていない。

広告を非表示にする