yoco-mozi

f:id:narahini:20170307210820j:plain

横文字を覚えるのが苦手だ。
例えばレコードショップでネットで聴いた海外アーティストのCDを買おうとしても、アーティストやアルバムタイトルが思い出せない。英語だと前置詞が一番最後にくるタイプの文字の羅列に特に弱い。
英語の名前でおぼろげなレベルなので、スペイン語やドイツ語になると、もうまったくだ。
事前にメモでもしていれば良いのだが、そんな気の利いた事が出来るわけないので、店員さんに「子どもが座ってるジャケットのヤツ」等とぼんやりした説明で特定してもらったりしている。
でも、これが日本人アーティストの横文字名や曲タイトルだと覚えやすさは格段に上がる。なにか単語の並びや音の響きによる「一般的な覚えやすさ」のラインがあって、(意識してなくても)そこに合わせて横文字を使っているのだろうか。たぶん、違うと思う。

広告を非表示にする

f:id:narahini:20170305203520j:plain

春が近付いている。

日は長くなったし、カメムシも出てきた。

日が長くなるとそれだけでウキウキする。子どもじゃないんだから何時まででも好きなことを好きなだけすればいいのだけれど、明るい方が何でも出来るような気がする。

そしてカメムシも出てきた。外に干していた洗濯物に付いていたのはもちろん、部屋の中にも一匹入ってきた。ティッシュで丸めて潰して捨てた。

明日は雪が降るけれど春が近付いている。

こんなこと毎年繰り返している。

広告を非表示にする

スーパー

f:id:narahini:20170227203848j:plain

仕事帰りにいつも立ち寄るスーパーがある。

車で通勤しているので駐車場に車を止めるのだが、そこにだいたいいつも同じ業者名が入った軽トラが停まっている。

スーパーの出入り業者ではない。その業者のおっちゃんがスーパーに夕飯を買いに来ているのだ。(一度同じタイミングで駐車場に入ったことがあった)

その軽トラを見る度に「おっちゃん、今日も元気だなー」等と思ったりするが、おそらくあちらは全くこちらを気にかけてないだろう。こちらも業者名がなければ気にかけなかっただろうし。

 

昔、車の運転中に市街地で仕事場の同僚を見かけたことがある。その同僚は、おそらく同僚の友人と思われる人と歩いていた。もちろん、こちらには気付いていない。

その友人を見て、自分も誰かから見られてることがあるかもしれないなと少し恐ろしくなった。そうなれば、恥ずかしくない振舞いを常に心掛けるか、「うるせーバーカ」かのどちらかだ。

どちらにするかはまだ決めていない。

人を見ることで自分が見られる光景を想像した話でした。

広告を非表示にする