読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しいたけしいたけ

f:id:narahini:20170523202240j:plain

しいたけが苦手、という意見を初めて聞いた時は結構驚いた記憶がある。

しいたけが好きだからではない。「え、これって好きとか嫌いとかそういうものなの?」という驚きだ。今までしいたけが好き嫌いの俎上に載ることがなかったし、載せる対象とも思っていなかったので、「しいたけに対して好き嫌いの判断する」タイプの人間がいるということに驚いたのだ。

もう少しあとになって、世間ではしいたけを苦手としている人が多いと知った時は、好き嫌いの判断をした人がそんなにいたのかともう一度驚いた。

そしてそんな「苦手」意見たちに触れていると、自分の中にも同じ意見がないか無意識的に探し始める。

そういえば、確かにちょっと臭うな・・・

そういえば、確かにナメクジに見えなくもないな・・・

 

今でもしいたけは好きでも嫌いでもない。

ただ、そんなことを思ってしまう。

 

広告を非表示にする

冷房

f:id:narahini:20170520213251j:plain

エアコン(冷房)の涼しさってすごい。

あの涼しい風をガンガンぶつけてくる機械的、非自然的なパワー。

扇風機はぬるい風を送りつけるだけだし、かき氷食べても涼しくなるわけじゃない。

エアコン(冷房)こそが直接的な涼しさだ。

涼しくなった部屋から出る。そのドアひとつ隔てるだけで天国から地獄に落とされていく。本当は、現実はこんなにも灼熱なのだと思い知らされる。

エアコン(冷房)って実はファンタジーなんじゃないか。

壊れて動かないエアコンを見ながらそんなことを思った。

 

広告を非表示にする

SNSNS(酒と泪とSNS)

f:id:narahini:20170516212948j:plain

酔っ払ってる時にSNSを触るのはやめよう。

そう心に固く誓ってもついついSNSに投稿をしてしまう。

酩酊の果てに思いついた「よいかんがえ」(のようなもの)や心の奥底に留めていた「あついきもち」(みたいなかんじ)を「全世界よ、きけえええええええええええ!!!」とばかりに書き込んでは悦に入り、そして、遅く起きた翌日にひっそりと消去ボタンを押すのだ。

本当は自分が一番正しいんだってことをみんなに知ってもらいたいのかもしれない。

せめて酔っ払った時のリプ専用アカウントを作って、そこにリプする形で投稿すれば人目には触れにくくなるかもしれない。でも酔っぱらったらそのアカウント忘れちゃうんだろうなあ。

と、3本目のビールを飲みながら書いている。

泪はない。

広告を非表示にする