カーテン

f:id:narahini:20180322221900j:plain

遮光カーテンが欲しい。

今使っているカーテンは外の明かりはもちろん、部屋の中の明かりもそのまま通すのでで部屋の中での動きがシルエットとなってカーテンに映っているのだ。

もう10年以上使ってるし、ここらで新しいものに換えても良いだろう。

そう思ってインテリアショップに行くことにした。

インテリアショップには色々なカーテンがある。遮光性もその度合いによって1~3級の等級がある。1級が最も遮光性が高いが、暗過ぎて朝起きれるか心配だ。2級くらいが良い気がする。

ところで今住んでいる部屋は夏暑く、冬寒い。カーテンが薄いので室内を保温できていないのだろう。どうせ買うならば遮熱機能も欲しい。夜中、近くの道路を大きな音を立てて車が走ることがあるので遮音効果も付いていれば嬉しい。火事は怖いから防炎もあるといいな。

そんな具合に全部乗せしていたら結局遮光1級しか選びようがなくなってしまった。

柄もなんだか好みではない。

カーテンはまだ買っていない。

広告を非表示にする

プール

f:id:narahini:20180121212434j:plain

プールに行った。もちろん泳ぐためだ。高校卒業以来だから十数年ぶりだ。

そもそも「泳ぐ」ということ自体が十数年ぶりだ。水着なんて持っていないので前日にDEPOで海パン・キャップ・ゴーグルの3点セットを買った。

基本的に運動音痴なのだが、何故か水泳だけは「少しだけ」速かった。しかも、それまでクラスでも遅い方だった(水に顔をつけるのも怖かった)のに小学校の中学年ころから急に速くなった。スポーツの成功体験は人生の中でこの一点しかない。そしてその一点が人生を「少しだけ」生きやすくしてくれた気もする。

十数年ぶりの水泳は、当然だが惨憺たるものだった。

昔は息継ぎなしで25m泳げたが、半分くらいで息が苦しくなり、最後はもうへとへとだ。それでも何とか25m泳ぎきって向こう側の壁にタッチする。

水の中の風景は同じままで、泳いでいると気分だけは小学生や中学生のころに戻っていく。25mをへろへろになりながら泳ぎきる姿を見て、小学生の自分は笑ってくれるだろうか。

広告を非表示にする

お土産

f:id:narahini:20171125201058j:plain

ライブやフェスでちょくちょく神戸や大阪を訪れていたのだが、家族へのお土産を買ったことがなかった。

さすがにそれもちょっと申し訳ないし、ちょうど来週横浜に行く用事があるので、何か欲しいお土産があるか家族に聞いてみた。

「中華街あるの横浜だっけ?じゃあ中華街買って来て!」

桃鉄かな。

広告を非表示にする