プール

f:id:narahini:20180121212434j:plain

プールに行った。もちろん泳ぐためだ。高校卒業以来だから十数年ぶりだ。

そもそも「泳ぐ」ということ自体が十数年ぶりだ。水着なんて持っていないので前日にDEPOで海パン・キャップ・ゴーグルの3点セットを買った。

基本的に運動音痴なのだが、何故か水泳だけは「少しだけ」速かった。しかも、それまでクラスでも遅い方だった(水に顔をつけるのも怖かった)のに小学校の中学年ころから急に速くなった。スポーツの成功体験は人生の中でこの一点しかない。そしてその一点が人生を「少しだけ」生きやすくしてくれた気もする。

十数年ぶりの水泳は、当然だが惨憺たるものだった。

昔は息継ぎなしで25m泳げたが、半分くらいで息が苦しくなり、最後はもうへとへとだ。それでも何とか25m泳ぎきって向こう側の壁にタッチする。

水の中の風景は同じままで、泳いでいると気分だけは小学生や中学生のころに戻っていく。25mをへろへろになりながら泳ぎきる姿を見て、小学生の自分は笑ってくれるだろうか。

広告を非表示にする

お土産

f:id:narahini:20171125201058j:plain

ライブやフェスでちょくちょく神戸や大阪を訪れていたのだが、家族へのお土産を買ったことがなかった。

さすがにそれもちょっと申し訳ないし、ちょうど来週横浜に行く用事があるので、何か欲しいお土産があるか家族に聞いてみた。

「中華街あるの横浜だっけ?じゃあ中華街買って来て!」

桃鉄かな。

広告を非表示にする

死ぬ方・死なない方

f:id:narahini:20171110225831j:plain

車の運転中に信号待ちなんかで止まっている時、いつも考えることが一つあって、それは今、後ろからやってくる車がそのままのスピードで突っ込んできたとして、死ぬ方なのか、それとも死なない方なのか、ということ。

ダンプやトレーラーは死ぬ方。軽自動車なら死なない方。普通車はどうだろうなあ。スピードと車高にもよるかな。

ダンプやトレーラーに対しては、せめて痛くないように即死でお願いますと、祈るような目でバックミラーに迫ってくる姿を見ている。

今のところ全て追突しないで止まってくれている。

車を運転する時は、誰も信用しないようにしている。もちろん自分を含めて。